銭洗弁天

image/kamzusi-2006-04-09T22:54:17-1.jpg柄杓で神泉の湧き水をすくい、籠のなかの銭を清めます

これは自由ですが、お札はなかなか乾かないので

あたしはお薦めしません!。お札を清めたい場合はタオルなどを用意し、

半乾きで財布にいれないようにしたほうがいいです。

私はこれで財布を一つダメにしてしまい、銭がでていきました。

また、銭洗弁天の後に小町通りで買い物したり、宝くじを買おうとする人は

半乾きのまま行くと、洗ってきましたね?当たるといいですね!?とお店の人から

間違いなく声をかけてもらえるでしょう!

こっぱずかしい体験ができます。

経験談です。

銭洗弁天

image/kamzusi-2006-04-09T22:37:38-1.jpg水をよくきって出来上がりです。

このときに心のけがれを洗い清めて祈るといいそうですが、

宝くじにあたりますようにとか、どうか、株が値上がりするようにとか、

今よりもっとネットで稼げるようになど思いつくのは

一攫千金の夢のようなことばかり、最後の願いが最も現実的ですが

心のけがれは清めて祈るとは難しいです。

銭洗弁天

image/kamzusi-2006-04-09T22:26:45-1.jpg柄杓で神泉の湧き水をすくい、籠のなかの銭を清めます

銭洗弁天

image/kamzusi-2006-04-09T22:23:35-1.jpg小銭を籠に入れて準備OK

銭洗弁天

image/kamzusi-2006-04-09T22:20:51-1.jpg早速、銭を洗いになかへ

銭洗弁天

image/kamzusi-2006-04-09T22:18:46-1.jpg源氏山公園をひとめぐりして

銭洗弁天にやってきました。

頼朝の夢枕に出てきた福神のおつげの神泉とのこと。

この神泉でお金とともに心のけがれも洗い清めると一粒万倍のご利益があるそうです。

源氏山公園

image/kamzusi-2006-04-09T22:08:26-1.jpg源氏山公園の頼朝像です。

化粧坂

image/kamzusi-2006-04-09T22:02:02-1.jpgけしょうと書いてけわいと読む化粧坂です。

当時のまま保存されています。

銭洗弁天

image/kamzusi-2006-04-09T20:51:32-1.jpg今日は鎌倉まつりが目的ではなく

源氏山公園へ桜見物をすることが目的でした。

銭洗弁天は帰りに寄るとして
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。